合宿免許で楽しく取得【フレンズ増える免許とれーる】

車での手を振っている女性

変化している

スピーディーに車の免許を習得したいのであれば、合宿免許がおすすめです。最短三週間で免許を習得することが出来ますよ。

運転免許取得のために免許合宿に参加するなら、持ち物は事前に確認しましょう。こちらで大まかな持ち物リストを掲載しています。

白い自動車

18歳から免許はとることができるので、誕生日が早い人なら高校生の間に免許は取得できます。夏休みや春休みがねらいめです。しかし、夏休みの7-8月は繁忙期なので、早めの予約が不可欠です。合宿免許に参加すればたった2週間で卒業試験まで受けられるからです。しかし、一般的には家の近所にないので、地方都市まで移動し、合宿生活を送ることが必要です。 しかし、それも小旅行気分で楽しいです。観光地なら、仮免以降余裕が出たら空き時間に息抜き観光もできます。大学受験を考えていない高校生なら十分時間はあります。実際には合宿免許のニーズの大半は大学生です。就活に間に合うよう、3年の夏までにはとりたいものです。観光地なら、仮免以降余裕が出たら空き時間に息抜き観光もできます。 自動車学校の学費の心配さえクリアされれば学生生活4-6年間のまとまった2週間という時間は作れます。

学費も一括払いだけでなく、60回の分割払いやリボ払いの選択もありますし、最長7年返済の銀行の免許ローンというのも存在しています。 このように今すぐ全額の費用が支払えなくても、2週間というまとまった時間が確保できて参加すれば、運転免許センターでうける本免許の最終試験直前までの卒業証明がもらえるのです。 通学に比べて合宿免許は費用が安いことが最大の魅力ですが、その間の生活費が含まれているのは魅力です。観光地なら、仮免以降余裕が出たら空き時間に息抜き観光もできます。 合宿免許の寮の多くはWiFiが利用できるので学科試験の勉強もパソコンを持ち込めば自由にできます。申し込みは電話でもネットからでもOKです。予定が早く決まったら早割の利用もでき、数千円の節約ができますし、ともだちと2人以上で参加したら、さらに割引の特典が受けられます。

合宿免許を利用する際、まずは予約をしなければ合宿免許に参加することが出来ません。予約は利用する自動車学校に行って直接申し込みをすることが出来るのですが、最近はインターネットからでも予約をすることが出来ます。また、インターネットでは合宿免許にかかる費用や行き先などを調べることができ、中には合宿の様子を掲載している写真もあります。写真では、宿泊先のホテルや寮などがあるのですがどんな場所か知ることが出来るので安心して利用することが出来るでしょう。また、合宿免許の利用場所を探す際にインターネットを活用することが出来るのですが、プランなど自分が希望する条件でマッチする場所を検索することも出来るので便利です。

注目の記事